歯科助手が歯や口腔内の健康について解説するサイト

デンタルライフ

予防歯科や虫歯治療における日本と海外の違い

投稿日:

日本は予防歯科の意識が低い

他の先進諸国と比べて日本の予防歯科の意識は低いと言わざるを得ません。

定期的に歯科検診を受ける人の割合は、北欧諸国では8〜9割、アメリカでは7割と言われるのに対して、日本では1割以下とされています。

治療費の高さも関係していると言われています。

日本におけるプラークの除去や神経治療における治療費は、アメリカと比較して10〜20分の1程度と言われています。

アメリカでは高額な治療費を払わないために予防に熱心になり、日本では治療費が安いので予防の意識が低くなりやすいというわけです。

ただし、治療費が安かったとしても歯の健康を害してしまうことのデメリットは大きいです。

悪くなったら歯科に行く治療歯科ではなく予防歯科の意識を高くすることが望まれます。

日本では都市部において、歯科医院の数はコンビニの数を上回ると言われています。通いやすさに関しては他国にも引けを取らないはずなので、この環境を活かしていきたいですね。

虫歯をはじめとした治療における日本と海外の違い

治療においても日本と海外の違いは多くあります。

有名なのは、日本では虫歯の治療に銀歯を用いるという特殊性です。

多くの先進諸国では虫歯の治療には、白いプラスチックを用います。銀歯は、アレルギー反応が出る可能性や、時間とともに徐々に溶解する可能性があるとして使用を禁止している国もあるほどです。

矯正治療を行うことが少ないのも日本の特徴です。

例えばアメリカでは清潔感や身だしなみにおける歯の比重が大きいと言われています。

そのため、子供の歯並びが悪い場合、両親はできる限り矯正治療を行おうとします。

またスウェーデンのように10代までは矯正治療を含めた歯科治療が全て無料の国もあります。

ほぼ全ての人が矯正治療をすることによって歯並びが改善した同国では、口腔内の環境が改善する人も増え、歯周病や虫歯が減ったといいます。

日本ではホワイトニングの敷居が高い

歯の美意識という点でいえば、日本ではホワイトニングを実施する人も少ないと言われています。

そもそも日本では、ホワイトニングの成分が入った薬剤や歯磨き粉を購入するには、歯科医院に処方してもらう必要があります。

値段が高いことに加えて、購入する手間もかかるのです。

一方アメリカなどの先進国では、ホワイトニング用の薬剤が市販されていて手軽に購入することができます。

歯への美意識が高いことに加えて、購入の手軽さもあって、ホワイトニングを実施する人が多いというわけです。

ただし、政治的背景や文化的な背景だけではないと言う意見もあります。アジア人の歯は、エナメル質が少ないためホワイトニングなどの薬剤に敏感なので、購入が制限されているとも言われているのです。

-

Copyright© デンタルライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.