歯科助手が歯や口腔内の健康について解説するサイト

デンタルライフ

矯正の費用ってどれくらい?

投稿日:

一般的な歯列矯正の費用

歯列矯正にはブラケットのみ使用する矯正、ブラケットとワイヤーを使用する矯正など、複数の種類がありますが、まずは一般的な費用を紹介したいと思います。

一般的に歯の外側に設置することになるブラケットとワイヤーなどの材料費がかかります。(金属か白いセラミックの材料を使うかによって費用は異なります)

また、検査代、分析代として、X線写真、歯型、口の中の写真を撮影する費用も必要となります。

これに基づいて歯を動かすにはどれくらいの隙間があるのか、歯を抜く必要があるのか、歯を削る必要があるのかといった検討していきます。

その他に月の検査費用、技術費用などを足すことになり、合計で70〜100万円の費用がかかるとイメージしておくとよいでしょう。

ここからは費用に関連する要素について説明していきます。

一般的に大人になると、歯が動くのが遅く治療期間も長くなるので、費用もかさむことになります。

また前述した金額と比較すると、裏側に矯正器具を設置するケースでは費用が高くなり、マウスピースを使用するインビザラインではあまり変わりません。

歯列矯正が高い理由

そもそも歯列矯正が高額になってしまう理由は、保険が適応されないからです。

日本において医療費は3割負担ですが、歯列矯正など美容目的の施術には保険適応はありません。

ただし、日常生活に支障があり病名がついて手術が必要と判断されれば、保険適応になるケースもまれにあります。

病院ごとに治療費が差があるのもこれが理由です。自費治療ですので、各医院は金額が自由に決めることができます。

歯列矯正を安くする方法

噛み合わせには問題がなくて、歯並びの見た目だけ改善したいという場合であれば費用を安く抑えられる可能性があります。

例えば、歯並びが悪い上の前歯だけを矯正するのであれば、20〜30万円ほどで治療できます。

治療期間が短いので、長い時間をかけたくないという方にもメリットがあります

ただし、一般的には全体矯正をすすめられることが多いと思います。

やはり噛み合わせをしっかり整えられるのは、全体矯正だからです。

そのため、歯並びの程度によって部分矯正を行なってくれない場合もあります。

また部分矯正の場合、矯正をしていない歯が矯正した歯に当たって、せっかく矯正した部分が元に戻ってしまうというリスクもあります。

矯正ローンという選択肢

ここまで読んでいただいた方は「歯列矯正はそんなに高額なのか」とがっかりされたかもしれません。

ただし、歯列矯正は見た目だけではなく、健康上のメリットも大きいです。

費用のせいで諦めたくない方は、矯正ローンという選択肢を考えてみてもよいでしょう。

支払い回数は多いと、100回以上といったプランもあり、長期的に返済していくことが可能です。

-

Copyright© デンタルライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.